INTERVIEW先輩インタビュー

三ッ輪タクシー株式会社

後藤 康紀(営業部次長) / 1998年2月入社

QUESTION 01

入社の理由を教えてください。

元々は飲食店で働いていましたが、必死に働いても手を抜いても給与は変わらず、よく稼げると聞いていたタクシードライバーに転職しました。ただ、当初は腰掛気分で1年くらい在籍したら、また飲食に戻ろうと思っていました。でも、気楽に始めたのが良かったのか、思いつめず働けるこの仕事が自分に合っていて、続いています。売上に対してプレッシャーを感じることもなく、2日働いたら1日休みというこの生活がすっかり気に入ってしまいました。

QUESTION 02

この仕事の魅力を教えてください。

この仕事には毎日違った出会いがあるという面白さがあると思っています。短い距離で利用されるお客様が大半ですが、だからこそ長距離のお客様に巡り会うと、大当たりしたような感覚になりますね。また、お客様を降ろしたタイミングで次のお客様を乗せる、というパターンの繰り返しもあったりと運の要素もあって楽しめます。最近はAIシステムの搭載もあるので、初心者でも安定して稼げる環境になっていますので安心してください。入社して5年経ったくらいからは管理業務に携わっているのですが、大雪の際などはいまだにお客様からの強いご希望で指名頂き、乗務することがあります。長いお付き合いができる、頼って頂けるのは嬉しいですね。

QUESTION 03

どんな時にやりがいを感じますか?

深夜1:00過ぎくらいに、「静岡まで行きたい」という若い女性を乗せたことがあります。お話しを聞くと、お父様が危篤で、始発を待っていては間に合わないかもしれないとのこと。高速に乗って静岡の病院までお送りしましたが、「おかげで父の最期に間に合いました。ありがとうございます」と、言っていただいたときは、この仕事をしていて本当に良かったと思いました。このような緊急時や災害時こそ、この仕事の重要性ややりがいを実感します。

インタビュー一覧へ