NEWS新着情報

2022.10.29 新栄自動車

埼玉県秩父市面接に行きました。

 

秩父市街の南にそびえる武甲山は首都東京に近い石灰岩の山として知られています。現在も盛んに採掘が進んでいる山として故名です。日本で最初のセメント工場である浅野セメントが1917年に採掘を始めました。
1923年には秩父セメントが設立されて、関東大震災や戦後の再開発や、高層ビル建設、新幹線、高速道路網整備の為のセメント産地となりました。
武甲山の成り立ちは、南方(ハワイの方)にあった火山島が活動を終えて、浸食され削られた浅瀬にサンゴ礁が大規模に形成されました。石灰質の火山岩を乗せた海山が大陸のプレートに押し付けられながら剥がれおちて、やがて隆起して現在の武甲山となりました。
良質な石灰石が取れるため、山の高さ形は今も 変形し続けています。旧山頂付近にあった縄文時代から近代になるまでの歴史のあった信仰遺跡・巨岩郡も消滅してしまいました。
これらのセメントを輸送するために盛んに利用されたのか西部鉄道です。現在はトラック輸送に切り替わってしまいました。週末には熊谷駅・三峰口駅間で観光列車「SL パレオエクスプレス」が1日1往復運航されています。C58-363fは2020年より全体検査の為に休業していましたが2021年2月13日より運転再開しています。
長瀞渓谷は、石畳をはじめ地下深くの高圧化で形成された結晶片岩が地表に露出する珍しい場所です。地球内部を地質学的に垣間見ることのできる場所の意味を持って「地球の窓」とも呼ばれています。
#つばめタクシー #つばめグループ #出張面接 #安井 #新栄自動車 
#三ツ輪タクシー #愛知つばめ #全国出張面接 #埼玉県 #秩父市 #石灰岩
#秩父駅 #長瀞峡 #武甲山 #石灰岩 #秩父セメント 
#パレオエクスプレス#地球の窓

 

 

 

一覧を見る